SSプラザせんだい(薩摩川内市川内駅コンベンションセンター)

文字サイズ

利用料金

料金表ダウンロード
1. 施設使用料
※横にスクロールすると全体が見られます
※すべて税込み
許可時間の区分 午前 午後 夜間 午前〜午後 午後〜夜間 全日 時間貸し (1時間当たり)
午前9時から 正午まで 午後1時から 午後5時まで 午後6時から 午後10時まで 午前9時から 午後5時まで 午後1時から 午後10時まで 午前9時から 午後10時まで
多目的ホール 市民等 入場料等を 徴しない場合 平日 6,300円 8,400円 8,400円 16,800円 18,900円 27,300円
休祝日 7,600円 10,100円 10,100円 20,200円 22,700円 32,800円
入場料等を 徴する場合 平日 9,500円 12,600円 12,600円 25,200円 28,400円 41,000円
休祝日 11,400円 15,200円 15,200円 30,300円 34,100円 49,200円
市民等以外 入場料等を 徴しない場合 平日 12,600円 16,800円 16,800円 33,600円 37,800円 54,600円
休祝日 15,200円 20,200円 20,200円 40,400円 45,400円 65,600円
入場料等を 徴する場合 平日 19,000円 25,200円 25,200円 50,400円 56,800円 82,000円
休祝日 22,800円 30,400円 30,400円 60,600円 68,200円 98,400円
楽屋 A 1,200円 1,600円 1,600円 3,200円 3,600円 5,200円
楽屋 B 1,200円 1,600円 1,600円 3,200円 3,600円 5,200円
楽屋 C 1,200円 1,600円 1,600円 3,200円 3,600円 5,200円
101会議室 市民等 100円
市民等以外 200円
102会議室 市民等 100円
市民等以外 200円
103会議室 (多目的室) 市民等 1,200円 1,600円 1,600円 3,200円 3,600円 5,200円 400円
市民等以外 2,400円 3,200円 3,200円 6,400円 7,200円 10,400円 800円
104会議室 市民等 100円
市民等以外 200円
201会議室 (中会議室A・リハーサル室A) 市民等 600円 800円 800円 1,600円 1,800円 2,600円 200円
市民等以外 1,200円 1,600円 1,600円 3,200円 3,600円 5,200円 400円
202会議室 (中会議室B・リハーサル室B) 市民等 300円 400円 400円 800円 900円 1,300円 100円
市民等以外 600円 800円 800円 1,600円 1,800円 2,600円 200円
301会議室 (大会議室A) 市民等 200円
市民等以外 400円
302会議室 (大会議室B) 市民等 200円
市民等以外 400円
303会議室 (大会議室C) 市民等 200円
市民等以外 400円
304会議室 (和室兼楽屋) 市民等 200円
市民等以外 400円
305会議室 (中会議室兼楽屋) 市民等 200円
市民等以外 400円
シャワー室 1人当たり1回につき100円
臨時売店 (所定の場所に限る) 1日当たり1箇所5平方メートル以内につき2,000円1人当たり1回につき100円

備 考

(1)
「市民等」とは、次に掲げるものをいう。
  • ア 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、本市が備える住民基本台帳に記録されている者
  • イ 本市内の学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校をいう。)に在学する者
  • ウ 本市に事務所又は事業所を有する法人その他の団体
(2)
「入場料等」とは、入場料、会費、会場整理費等、その名称のいかんを問わず、入場することについて徴収される入場の対価その他これに類するものとして指定管理者が認定するものをいう。ただし、営利を目的としない団体が行う催物に係るものを除く。
(3)
「休祝日」とは、日曜日及び土曜日並びに国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日をいう
(4)
入場料等を徴しない場合であっても、次のいずれかに該当するときは、入場料等を徴収したものとみなす。
  • ア 営利を目的とする団体等が会員制度により会員を招待する場合
  • イ 営利を目的とする団体等が商品等の売上高により招待券を発行する場合
  • ウ 商業的宣伝又はこれに類する催物を行う場合
(5)
休館日に臨時に開館したときの使用料は、休祝日の区分を適用する。
(6)
使用の許可を受けた時間(以下「許可時間」という。)には、準備及び後片付けに要する時間を含むものとする。
(7)
練習、準備等のため、多目的ホールを使用する場合の施設使用料は、多目的ホール(入場料等を徴しない場合)の施設使用料に100分の30を乗じて得た額とする。ただし、許可時間の区分に属さない時間の施設使用料は、1時間ごとに2,100円とする。
(8)
許可時間を延長した場合の施設使用料は、延長1時間ごとに、その属する許可時間の区分(当該延長時間が許可時間の区分に属さない時間の場合は、その直後の許可時間の区分)の施設使用料に100分の30を乗じて得た額を加算した額とする。ただし、午後10時以降については、夜間の許可時間の区分の施設使用料に100分の50を乗じて得た額を加算した額とする。
(9)
103会議室、201会議室及び202会議室を会議のみを目的として使用する場合に限り、時間貸しを認める。
(10)
304会議室及び305会議室を楽屋として使用する場合に限り、楽屋に係る施設使用料を適用する。
(11)
施設(多目的ホール及び楽屋を除く。)の使用で入場料等を徴する場合又は展示会・即売会(これに準ずるものを含む。)の用に供する場合の施設使用料は、当該施設使用料に100分の50を乗じて得た額を加算した額とする。
(12)
特別の設備を施し、は備付けの器具以外の器具を使用するときの施設使用料は、別に電気又は水道のその使用の実費相当額を加算した額とする。
(13)
第7号及び第8号において、1時間を単位として施設使用料の額を計算する場合の1時間未満の時間は、1時間とみなす。
2. 冷暖房装置使用料
※横にスクロールすると全体が見られます
※すべて税込み
区分 使用料(1時間当たり)
多目的ホール 1,500円
楽屋 A 100円
楽屋 B 100円
楽屋 C 100円
101会議室 100円
102会議室 100円
103会議室(多目的室) 200円
104会議室 100円
201会議室(中会議室A・リハーサル室A) 100円
202会議室(中会議室B・リハーサル室B) 100円
301会議室(大会議室A) 100円
302会議室(大会議室B) 100円
303会議室(大会議室C) 100円
304会議室(和室兼楽屋) 100円
305会議室(中会議室兼楽屋) 100円

備考:許可時間を延長した場合の1時間未満の時間は、1時間とみなす。

3. 附属設備使用料
※横にスクロールすると全体が見られます。
※すべて税込み。
附属設備の名称 使用料(1回当たり) 単位 備考
舞台設備
所作台 3,000円 一式 化粧框を含む。
花道用所作台 1,000円 一式 化粧框を含む。
鳥屋囲 1,000円 一式
平台 100円 1枚
松羽目 1,500円 一式
金屏風 1,500円 1双
毛せん 50円 1枚
指揮台 400円 一式 譜面台を含む。
開き足 50円 1個
箱馬 50円 1個
反響版 3,000円 一式 両側・正面・天井
映写設備
プロジェクター(多目的ホール) 3,000円 1台
プロジェクター(大会議室) 2,000円 1台
プロジェクター(可搬型) 1,000円 1台
スクリーン(多目的ホール) 3,000円 一式
スクリーン(可搬型) 500円 一式
音響設備
マイクロフォン 400円 1本 スタンドを含む。
ワイヤレスマイク装置 800円 1チャンネル
CDプレーヤー 500円 1台
拡声装置 2,000円 一式 ステージスピーカー
舞台はね返りスピーカー
照明設備
ボーダーライト(200W) 1,000円 一列
サスペンションスポット(1kW) 300円 1台
サスペンションスポット(750W) 200円 1台
ホリゾントライト(ハロゲン) 2,000円 一式
シーリングスポット(1kW) 300円 1台
シーリングスポット(750W) 200円 1台
ピンスポット(1kW) 1,000円 1台
フロントサイドスポット(1kW) 300円 1台
フロントサイドスポット(750W) 200円 1台
エフェクトマシン(1kW) 800円 1台
その他の設備
グランドピアノ 2,500円 1台 調律費を含まない。
アップライトピアノ 500円 1台 調律費を含まない。
モニター(TV) 500円 1台
BDプレイヤー 500円 1台
持込機器 200円 1kW
備考:
  • (1)附属設備使用料については、午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで、午後6時から午後10時までをそれぞれ1回として徴収する。
  • (2)使用を許可された時間を延長した場合の附属設備使用料は、延長1時間(1時間未満の時間は、1時間とみなす。)ごとに当該附属設備使用料に100分の30を乗じて得た額を加算した額とする。
    この場合において、使用料の額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。